関鉄観光


土浦駅にて

関東鉄道の子会社であるが、その経歴はかなり複雑である。関鉄観光と日本水郷観光、日本観光との合併を受け、鹿島・水郷地区で関東鉄道から一部路線を移管されたほか、もともと日本観光が担当していた土浦東北部、神立地区の路線も関鉄観光が運行するようになった。車両は関鉄から移籍した車両がほとんどで、カラーリングもまったく同じである。